求人情報で必ず見るべき「企業が欲しがる人材像」

求人情報には、企業が欲しい人材像が記載されている場合があります。
世の中に企業はたくさんあります。
社風も、企業の数だけ存在します。
もちろん、新しく採用する人は、長く企業で働いてほしいものです。
会社の雰囲気に合った人材や、こういうことができる、という能力面でもある程度イメージ人材像ができあがっています。
対人の企業の場合は、顧客を喜ばせたい人が求められます。
広告関連の企業は、想像力や人間力、表現力を求めています。
銀行や商社については、信頼と責任力が求められています。
企業業種によって、求められる人材像というものは違っています。
その企業がどのような業種で、どのようなサービスを展開しているのか。
これを知ることが最大の強みになります。
ここで働きたい、という企業と、求める人材像が一致していれば、面接も自分を十分にアピールできれば、採用への近道になります。
こういった情報を、求人情報でどうくみ取るのかがポイントです。
情報によっては、社員へのインタビューや、社内の様子が書かれています。
求人情報サイトによって項目は異なりますが、情報はしっかりと記載されています。
もし、社内インタビューがない場合にも、募集要項の内容を見ると、何ができてほしいかは汲み取ることができます。
今までどのような経験をしているか、どのような資格を持っているか。この2点で、求める人物像の半分は満たされています。
残る半分は、この会社に合うか合わないかになります。
会社のホームページを確認し、自分に合うか合わないかをしっかり見極めることが重要です。
せっかく内定をもらい入社しても、雰囲気が合わなかったら元も子もありません。
採用側も頭を抱える状況です。
まずは求人情報をみて、この企業が欲しがる人材像に自分が近いのか、を見極めることが重要です。

TOPへ戻る