医療事務の資格は独学で取れる?

医療事務の仕事は女性に人気です。就業形態も選びやすく、結婚後や育児がひと段落した後も働きやすいというところがその理由です。超高齢化社会の世の中となり、医療機関を受診する人が増え、医療事務の需要も高まっています。

医療事務の仕事内容は?

医療事務の仕事は、病院やクリニックなどの医療機関における事務仕事全般となります。それに加えて、クラーク業務も担います。受付業務や電話応対、会計など、患者とのかかわりが多くなります。受付では患者が病院で初めて会う相手となるため、病院の顔ともいえます。

事務仕事の中でも医療事務のメインの仕事となるのが、診療報酬明細書をつくる業務です。診療報酬明細書は通称レセプトと呼ばれています。レセプトとは、健康保険組合などへの医療費の請求に必要な書類です。現在は医療費の7割、患者に3割を請求するため、患者のカルテからこのレセプトが作成されます。保険者と患者、それぞれにレセプトを作成して請求することになります。最近は、パソコンで事務処理するのが一般的ですが、内容に不備があると戻されるため、正確に、そして期限内にスピーディにレセプトを仕上げる必要があります。

その他の事務作業としては、カルテの管理、入力業務といったものがあります。レセプト作成や会計業務では、医療、薬といった専門知識が必要となります。ですから、一度医療事務として働くと、知識と経験があるということで、年齢を重ねてからでも働きやすい仕事なのです。

医療事務の資格は必要?不必要?

医療事務の仕事に就くための国家資格はありません。必ずしも資格が必要である仕事ではないのです。ですから、資格保有者でなくても医療事務の仕事はできます。ただ、民間資格がいくつかあります。特にレセプト作成業務は、専門の知識を持っていると、仕事上大変役に立つため、未経験でも医療事務として働きたい、という人などに民間資格の取得が人気です。資格を取得していることで、専門知識を持っていることの証明となるため、就職や再就職の際にも有利に働くことがあります。

医療事務の資格取得は独学で取れるの?

多くの医療事務の資格試験では、択一式、記述式の筆記試験とレセプト作成や明細書点検などを行う実技試験で採点されます。では、どのような方法で学習し、試験に挑めばよいのでしょう。

医療事務の資格を取得する方法として、スクールに通ったり、通信講座で学んだり、書店で参考書などを購入して独学で学ぶということがあげられます。社会人でも資格取得を目指す人が多く、仕事や家事、育児の合間に学習できるということで、通信講座は人気があります。通信講座では、わかりやすいテキストにより、数カ月での資格取得を目指すことができます。また、スクールより通信講座、通信講座より独学が、かかる費用が安くなります。市販のテキストを買って独学すれば、1万~1万5千円程度で済みます。意思が強く、自分のスケジュール管理ができ、コツコツと学習できる人におすすめです。

未経験者で転職するにはまず資格を取ろう

医療事務の民間資格には数多くの種類があります。

  • 医療事務技能審査試験
  • 診療報酬請求事務能力認定試験
  • 医療情報実務能力検定試験
  • 医療保険請求事務者
  • 医療事務管理士技能認定試験
  • 医療管理士認定試験
  • 医療保健士
  • 保険請求事務技能検定試験

これらは医科、歯科、診療情報、調剤などの分野も異なりますが、基本的に、医療事務における職業スキルの向上を目指し、診療報酬請求を正確に早く作成するためのスキルがあるかどうかの試験内容になっています。ですから、受験対策として学ぶ内容もほとんど同じといえます。それぞれに主催団体が異なり、年間に行われる試験回数や与えられる称号、合格基準などが変わってきます。試験内容などを比較して検討することがおすすめです。

人気の資格

医療事務の資格として、医療事務技能審査試験や診療報酬請求事務能力認定試験があげられます。

医療事務技能審査試験は、財団法人日本医療保険事務協会が主催しています。毎月、各都道府県の公共施設で行われています。学科と実技I、IIの3科目の試験で採点されます。70%の得点率で合格になります。参考資料の持ち込みが可能です。合格するとメディカルクラークという称号が与えられます。合格率は30%ほどです。受験資格はなく誰でも受験ができます。医科と歯科の2種類があり、どちらかを選択して受験することになります。3科目すべて受験したうえで、得点率が70%に達した科目は、6カ月間に限り受験が免除になる制度があります。やや難しい試験とされていますが、その分信頼性が高い資格となっています。レセプト業務だけでなく、受付業務や院内コミュニケーションなど、医療事務の総合力を審査する試験となっているからです。実務経験がない人にもおすすめです。就職や昇格のときに有利となることがあります。

診療報酬請求事務能力認定試験も財団法人日本医療保険事務協会が主催しているものです。年2回、7月と12月に行われ、学科と実技試験で採点されます。試験場への診療報酬点数表やその他の資料を持ち込むことができます。試験は全国の公共施設で行われます。誰でも受験することができ、医科と歯科が選択できます。合格率は30%ほどです。学科試験、実技試験ともに合格ラインが決まっています。合格ラインを満たす人が合格となります。この資格も難しい試験とされていますが、レセプト業務の最高峰の資格ともいわれ、信頼性が高いといえます。医療事務の勤務経験があり、スキルアップを目指している人におすすめです。

実技試験となるレセプトに関する問題は、診療報酬点数表などの資料を参考にして作成することになります。正確にスピーディに作成するスキルが求められるので、資料を持ち込める場合がほとんどです。

医療事務の求人探し

不況傾向にある世の中で、求人倍率も高くなっている傾向がありますが、医療事務の場合、超高齢化社会であることから、医療機関を利用する人が増加しています。そのため、医療事務の求人も増えている傾向があります。就職率は良いといえます。ただ、人気の職種であることから、求人倍率がとても低くなるということはあまり考えられないといえます。医療事務は、資格が必ずしも必要でない職種です。未経験でも仕事をすることは可能です。しかしながら、採用されるかどうかという点から見ると、民間資格でも知識やスキルがあるというアピールポイントがあるほうが、有利になる傾向があります。医療機関によって、若い医療事務員を一から育てたい、という場合もありますが、すぐに即戦力となる人を求めている場合もあります。欲しい人材はその場所によって異なるのです。医療事務の仕事を希望しているなら、自分のアピールポイントとなる強みを身に付けて、就職活動に臨むのも一つの方法です。

TOPへ戻る