既卒と学生では応募できる求人の種類が異なる

日本では、学生と既卒を明確に区別しているので、どちらの立場かによって応募できる求人の種類が異なります。
これから卒業する予定の学生であれば、新卒として扱われるので、卒業予定の学歴に見合った求人の大部分が対象となるのです。
しかし、一度卒業してしまったら、原則的に既卒として中途採用の求人に応募するしかありません。
まだ若い年齢であれば実務経験がなくても考慮してもらえる可能性がありますが、それでも他の即戦力の人材とも限られた席を奪い合うことになってしまいます。
そのため、卒業できる学生の中には、内定をもらえなかったことからわざと留年して再度就職活動に臨む方もいるのが、日本独特の光景です。
わざわざ1年間分の学費を余計に払ってでも、新卒として求人に応募できることに価値があると見なすほど、日本の採用システムは学生向けになっています。
既卒においても第二新卒として扱う風潮が出てきましたが、まだ応募できる求人の種類が少なく、自分なりに専門技術を学び直して再チャレンジするなどの工夫をしなければいけません。
いかに学生の間に十分な企業研究と志望動機を作れるのかで、卒業後の人生が大きく変わってしまうため、自分のやりたいことの確認を含めて早めに動き始めましょう。
既卒でも応募できる求人があっても、その大部分は短期間の雇用になっていて、自分の生活を安定させるには難易度の高い業務独占資格の取得などの付加価値をつけることが必須です。
ただ真面目に働いていれば報われるとは限らなくなった以上、普段の勉強から進路選択に至るまで、自分の老後までの生活について具体的な道筋を考えることも大切になってきました。
もはや年配者の意見は1つの参考にしかならず、学生のうちから自分自身で色々考える習慣をつけなくてはいけません。

TOPへ戻る