求人に応募する時は電話をして会社の雰囲気を知る

仕事を探し、求人情報などをチェックすることもあるでしょう。求人情報では、必要な情報もいくつかかかれているため、自分の生活環境にあった仕事を見つけることができます。しかし、働くにあたって、雇用の条件などよりもその会社の雰囲気なども重要なポイントになるでしょう。ですが、求人情報の文章からでは、どのような会社なのか、雰囲気は伝わってきません。実際に会社に入らなければ実際のところ、社内の雰囲気などは実感が持てないのも事実ですが、ある程度雰囲気などを感じ取るには、求人に応募する時の電話の応対などをチェックしてみましょう。ささいなことかもしれませんが、受付の応対次第で、その会社がしっかりとスタッフなどを指導しているかどうかなどをある程度把握することができます。電話の応対がきちんとできている場合には、それなりにスタッフへの指導などがきちんと行われている可能性も高いといえるでしょう。ですが、電話の応対がかなり適当で、いい加減な感じならば少し、その会社に関して不信感を抱いてしまいます。
電話での応対などからもある程度その会社の雰囲気を感じ取れたら、実際に面接に出向いた場合なども、しっかりと会社の雰囲気を知るためにチェックしましょう。
実際に面接を受けることにより、相手がどのような人物であるか、また、その会社内を実際にみることで、どのような職場であるかもみておきましょう。後は、その会社にいる社員などの日常会話などが聞こえてくる場合には、それも重要な情報源の一つといえるでしょう。誰かに対しての愚痴や不満などの会話ならば、自分は部外者であるにもかかわらず、不満をもらしているとすれば、社内の雰囲気はあまりよくないかもしれません。そのように会社の雰囲気を知るためには、ありとあらゆる情報を集めて、しっかりと判断することが大切です。

TOPへ戻る