求人募集での水産業やエンジニア業について

求人とは「仕事を行ってくれる人を求めていること」であり、「採用募集を行っている」という意味になります。

また、「水産業」とは、文字通り「水産に携わる業務、お仕事のこと」であり、例えば水産業と言えば、魚の漁獲などやその魚をソーセージなどに加工することも「水産業」の仕事、ということになります。

このような求人については、多くは「海辺がある、または海の近く」に会社などが設立されていることもあるため、海がある県などで採用の募集が多い職種となっています。

一方で、「エンジニア」とはどのような意味であるのか、というと、このような求人の分野では「システムエンジニア」という言葉などを耳にしたことがあるように、「パソコンや機械関係において、働く人、知識を持って仕事に従事している人」などを指します。

エンジニアの仕事については、求人などで募集があった際には、当然、パソコンに強い人がこのような求人に対して応募をすることが多いものですが、あらかじめ、大学や専門学校などと企業側が連携しており、その学校を卒業した段階で、「うちの会社にきてほしい」という要望が出来上がっている、つまり就職先が学生時代からある程度決まっているという仕組みのエンジニア系のお仕事もあります。

エンジニアのお仕事というものは「日進月歩」とされており、少しでも知識などについて遅れをとってしまうと、そこから先に追いつくことがとても困難であるお仕事である、とされています。

そのため、根気強さやパソコンについて興味がある、このような分野の仕事が大好きである、という人には向いていますが、日々、日進月歩の世界であるため、このようなことが辛い人には、なかなかに難しい世界である、ともされています。

TOPへ戻る