薬剤師の求人でも大事なのは挨拶です

 薬剤師の求人は、調剤薬局やドラッグストアを中心に全国的に売り手市場と言われており、転職サイトなどに登録するとすぐに担当者から連絡が来て、様々な求人票を見せてもらう機会のある方も多いのではないでしょうか。薬剤師業界も六年制の大学の卒業生の就職から数年経ち、調剤報酬改定ではかかりつけ薬剤師の算定など色々な動きがあり、これからも在宅や施設への調剤業務の増加などさまざまな動きが予想されますがこれから数年も薬剤師の求人は減ることはなく売り手市場が続くと言われています。
 そんな薬剤師側が有利に進められることが多い転職活動ですが、それでも薬剤師として一定の要件に満たない場合には面接で不合格になる場合もあります。面接を受けるときに、今までの経歴や実務年数などももちろん重要視されますが、それ以前に一人の働く社会人として「挨拶」がきちんとできるかというのも見られます。今年からかかりつけ薬剤師の制度ができたように、これからは患者さんとの密接で細やかなコミュニケーションは以前にも増して重要視されます。また、在宅で患者さんの家族と接したり、老健施設での看護師や医師などの他の医療スタッフとの連携の機会もこれからますます増えていくなかで、ただ知識があればいい、調剤がスピーディーにできれば良いという立場に安住している立場ではなく、高いコミュニケーション力を持って地域医療を支えていく一人のスタッフとして自覚が大事になってきます。そのためにまず一番最初に重要な挨拶が、きちんと出来るかが重要なのです。たかが挨拶、と軽く考えずに、大切なコミュニケーションの最初の一歩として、信頼関係を構築する一歩としてきちんと挨拶ができる薬剤師を目指したいものです。

TOPへ戻る